• ホーム
  • サイト案内
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
製造WEB RPFとRDFの違いや耐摩耗の破砕機刃物・減容機のご案内

スクラバーの使用について

物によっては一定の時間だけ使用するという機械もあるかと思いますが、スクラバーは工場を稼働させている間はずっと使用し続けているという事もあるみたいです。
工場を稼働させると、どうしてもその間は排ガスが発生するという事も考えられます。

工場や飲食店に設置されているスクラバーはむしろ長時間利用している事が多いと思います。もちろんスクラバーは長時間の稼働にも対応しています。
時には有毒物質を解決する事もあるスクラバーは、一時も欠かせない事もあるでしょう。

スクラバーについては、メンテナンスの方法を知り、定期的にメンテナンスを行う事で、仕事をする環境はきっと快適になる事でしょう。

トルネードスクラバーのシステム

湿式スクラバーには、省エネ型のトルネードスクラバーがあります。無充填方式なので、メンテナンスがし易いのがメリットです。システムとしては、洗浄塔本体でトルネードを発生させ、水との接触時間を増やします。それによって、充填塔方式と遜色のない洗浄効率をあげられるわけです。

機内圧力損失は充填塔方式に比べて半分ほどになり、ファンの動力がワンランク小型化できました。それ故、運転コストの大幅な低減に繋げられます。オプションとしてダブルホールシステムを導入すれば、オーバーフローによるボールタップの不具合を防ぐことが出来ます。それによって、排水口が水没する事がなくなり、水道管本管を汚染する心配もないわけです。

循環水によるスクラバー

水を使用するスクラバーでは、大量の水が必要になりますが、それも環境対策として考えた場合には好ましくない事もあります。そのため、スクラバーにおいては、一度使用した水は排水してしまうのではなくて、可能な範囲で循環させる事で再利用しながら稼働させる事ができる物もあります。

循環水によるスクラバーは、コストの面においてもリーズナブルに感じられる事もあるでしょう。循環水によるスクラバーと言ってもいろんな方法の物があるそうですので、使用する環境によって適切な物を選択する事によって、使い勝手が良くなる事もあるでしょう。いろんな種類の循環水によるスクラバーがありますので、適性を考えましょう。

スクラバーの買い方について

日常生活を送っていて、「スクラバーが欲しい」となる場合は滅多にないかと思いますが、仕事などで購入を考えている人であれば、実際にどのようにして発注すればいいのかを知っておいて損はありません。まずは取り扱いがある業者さんを探す所からです。

インターネットで「スクラバー」と検索をすれば取り扱い業者さんが沢山でてきますので、自分が欲しいと思っている種類の取り扱いがある業者さんに、まずは資料請求をかけます。資料には細かい設定などがのっているので必ず確認するようにしましょう。そしたら後は実際に頼む型番についての見積書をもらって、業者さんに言われた方法で発注をかけます。

話題のスクラバーをご案内

環境保護が叫ばれている近年、注目されている取り組みの一つにスクラバーがあります。

気体中に含まれている微粒子を洗浄する装置であり、洗浄液で補修して除去されるという仕組みがスクラバーでは採用されています。気流に洗浄液を通す溜水式の他、洗浄液を細かな微小液にして気流中に吹き付けるスプレー塔式などの他、加圧や回転によって効力が発揮される方式があり、それぞれに異なる特徴が見られるため、用途や目的、設置環境などに合わせて使い分けがなされています。

またスクラバーの装置自体も小型なものが多く、大量のガスを高い効果で処理することが可能です。

スクラバーを扱うメーカーはこちら
株式会社アイエンス 大阪府大阪市西区江戸堀1丁目21-7 コーワ江戸堀ビル3F

スクラバーで排気ガスをしっかり綺麗に

スクラバーを取り付けることで、排気ガスを綺麗にできる機能を持たせられます。一般的な方法では、排気ガスがそのまま排出されてしまうので、どんどん大気汚染は起きてしまいます。

これからは温暖化を起こさないために、そして大気汚染によって自然環境がおかしくなることを防ぐため、スクラバーを取り付けて綺麗にしています。しっかりと綺麗にできれば、多くの部分で改善が期待できます。

排気ガスは、大気汚染に多くの影響をもたらしているため、世界中で対策を行っています。その1つとして取り入れられていて、簡単に機能させられるのです。

スクラバーに関連する記事

海外WEBマーケティング、マイクロスコープ、スクラバーについて興味のある方はこちらを見てください。

海外WEBマーケティング、マイクロスコープ、スクラバーの記事以外のお問い合わせはこちら

ページトップ