• ホーム
  • サイト案内
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
製造WEB RPFとRDFの違いや耐摩耗の破砕機刃物・減容機のご案内

スクラバーの見積もり

新しくスクラバーを導入するという時には、導入の際にかかるイニシャルコストについて見積もりを出す人は多いと思います。
しかし、スクラバーはランニングコストもかかる事が予想されますので、月々にかかる費用についても見積もりを出す様にしたいですね。

月単位と年単位でかかる費用を把握しましょう。予算内で無理なくスクラバーを稼働させ続ける事ができればいいですね。
スクラバーは導入するだけではなく、ずっと使い続ける物です。費用について曖昧なままスクラバーを導入するのではなく、詳しく把握しておく様にしたいです。
他にもメンテナンスの事などについて分からない事などがあれば、理解しておく様にしましょう。

スクラバーはアルカリ性ガス等の洗浄装置

スクラバーとは、排ガス洗浄装置によって、化学工場等から排出される酸性の有毒ガス等をクリーンにする装置のことです。システムとしては、化学分析や実験、そして製造過程において発生する有毒ガスを排風機で集めた上で、湿式スクラバーに送り込むことになります。

その中で、高濃度の酸性ガスやアルカリ性ガスの水洗浄の他、薬液中和吸収を行うわけです。接ガス部は、全て硬質塩化ビニール製になっており、十分な耐蝕性を有しています。対象とするガスは、酸やアルカリ性ガスとなっていますが、それ以外の高温ガスにも対応することが出来ます。

水の膜を使ったスクラバー

現在、工場などの現場においてはスクラバーが欠かさず稼働している事もあります。スクラバーは排ガスの処理を行ってくれる機械の事を言います。スクラバーの中には水の膜を使用した物もあります。

しかし、スクラバーというのはそれ以外にも、気泡を使って、空気をきれいにする物もあります。水の膜を使ったスクラバーではニオイはもちろん逃がす事なくキャッチできますが、ホコリもキャッチする事ができます。

どの様な仕組みになっているのかという事は導入する際に調べておきましょう。また、臭気の種類によってはこのタイプの物が適しているという事もありますので、出される臭気の種類を意識して選びましょう。

スクラバーに関する知識

化学の分野における実験や分析、さらに工場での製造に関する工程において、作業中に使用される酸やアルカリ薬品等として発生する有害ガスを洗浄する装置の事をスクラバーといいます。排風機でガスを集め、有害成分を取り除き、綺麗にした上で大気中に放出される排ガス洗浄装置です。

設置される環境や使用される目的などによって、性質や特徴が異なる装置がそれぞれ採用されます。大抵は小型につくられているスクラバー装置が多く、圧力や回転などによって効果を発揮させる装置も存在しています。より環境保護が重要に捉えられながら、現代社会での様々な開発が進められています。

有害ガスを中和処理してくれるスクラバーについて

スクラバーは他の呼び方で、洗浄塔システムとも言われています。排出する排ガスを中和し、洗浄処理をおこなう装置のことを指します。

このスクラバーは、乾式や湿式などの豊富な種類があり、現場の用途によって使い分けされています。湿式型の装置においては、空気中や煙道ガスに含まれている有害ガスを、水や中和剤の洗浄液などによって中和や洗浄が行われ、元の大気の中へと還元していきます。

乾式型のスクラバー装置においては、吸収剤なんかを注入したりして、本来あった有害ガスを中和や無害化していく事により、地球の環境へと還元していきます。これらの他の種類には吸収塔のタイプや、水銀除去装置などのタイプもあります。

様々な使い分けがなされているスクラバー

近年の社会において、環境問題への対策が強く叫ばれる中、スクラバーの利用が多く見受けられるようになりました。

化学の分野における工場での製造過程や実験、分析などを通じて排出される有害ガスが洗浄され、大気中へ綺麗な空気として戻される仕組みを導入させることにより、環境対策への取り組みだけに留まらず、社会貢献へのアピールの一つとして活用されていることもあります。

有害ガスの中には、濃度の高いアルカリや酸などが含まれており、設置環境や目的などに合わせた製造や使い分けがなされている画期的な装置としても認識されています。

スクラバーを扱うメーカーはこちら
株式会社アイエンス 大阪府大阪市西区江戸堀1丁目21-7 コーワ江戸堀ビル3F

スクラバーに関連する記事

海外WEBマーケティング、マイクロスコープ、スクラバーについて興味のある方はこちらを見てください。

海外WEBマーケティング、マイクロスコープ、スクラバーの記事以外のお問い合わせはこちら

ページトップ