• ホーム
  • サイト案内
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
製造WEB RPFとRDFの違いや耐摩耗の破砕機刃物・減容機のご案内

スクラバーの役割について

スクラバーは、洗浄集塵器・洗浄集塵装置ともよばれ、化学工場や工業製品の製造工場などにおいて排出される空気中の有害なチリやCO2、有毒ガスなどを集めてきれにする機械のことを指します。

スクラバーには溜水式、加圧水式、充填塔式、回転式という大きくわけて4つの型があり、また充填塔式には乾式と湿式があり、それぞれの用途により使い分けられています。どの型も小型ですが、洗浄水を使用するため、排水対策が必要となります。また、きちんとメンテナンスをしないものは、逆に大気汚染などの環境汚染の原因になることもあります。

工場の排気清浄スクラバーについて

スクラバーというのは工場などで使われる排気清浄装置の事です。縦長の円筒状の大きな装置で、筒の中に薬品や洗浄液を入れて噴出させて、工場内の排気有害ガスを中和させる湿式のものと、または活性炭などの浄化物質やフィルターなどに排気ガスを通過させて清浄する乾式があります。

ともに、工場内の有害物質や有毒ガスや悪臭などを中和、浄化する為の装置です。どちらの方法も定期的な検査やメンテナンスが必要で、これを怠ると工場内の有毒ガスだけでなく、近隣の住人に迷惑がかかる恐れがありますので、検査、メンテナンスは必要不可欠な安全確認と言えます。

かなり大きなスクラバーも

大きなものを使って、多くの成分を浄化していく方法も用意されています。スクラバーとしては、なるべく高い効果を持っていることが第一に挙げられますが、それ以外にも多くの吸収能力を持って、処理できる状況を作りたいのです。

処理できる能力が多くなっているだけでも、かなり期待されている機械となります。スクラバー自体は、かなり安定して機能している場合も多いので、普段利用しているものと同じくらいの期待度が得られるでしょう。普通の処理をしているだけの状態ですが、かなり大きなものを導入していることの効果も大きくなっているのです。

工事が終わればスクラバーは使える

工事が完了するまで、とにかく我慢していることが重要になります。我慢しないまま起動させてしまうと、本当に大丈夫なのか不安なまま動かしていたり、そもそも設定されている内容が間違っているなどして、スクラバーがおかしな動きをします。

正しい動きをさせなければ、意味のない状態となってしまいます。少しでもいい結果をもたらすためには、結果のためにも完了してから動かすようにしてください。試運転を行うのは、業者の方に説明を受けてからでも大丈夫ですし、スクラバー自体は設定さえ念入りに行なっておけば、問題なく動いてくれます。

スクラバーの株式会社アイエンス

550-0002 大阪市西区江戸堀1丁目21-7 コーワ江戸堀ビル3F
TEL:06-6225-2323

650-0012 神戸市中央区北長狭通7丁目3-3

スクラバー、散気管などの排水・循環水・排ガス処理などお気軽にご相談ください。

https://www.aience.co.jp/

スクラバーに関連する記事

海外WEBマーケティング、マイクロスコープ、スクラバーについて興味のある方はこちらを見てください。

海外WEBマーケティング、マイクロスコープ、スクラバーの記事以外のお問い合わせはこちら

ページトップ