• ホーム
  • サイト案内
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
製造WEB RPFとRDFの違いや耐摩耗の破砕機刃物・減容機のご案内

1/15以上も減容可能な減溶機

減容機とは、焼却や破砕、圧縮などをして物質の容量を少なくする機械です。
中には、15分の1にまで小さくする機械があるようです。素晴らしい能力ですよね。

木材や木屑、廃プラスチック、金属、がれき、古紙など大量に保管しなければならないとき、保管する場所を確保しなければなりませんが、減容機を使用することで置き場所が省スペースになるだけではなく、産廃業者や再資源業者への引き取り回数を減らすことができ、輸送コスト削減ができます。

減容機は、においがなるべく出なく、騒音にならない設計になっているようですので、現場で働く人にとっても使いやすい機械なのではないでしょうか。そう思うと、一度試してみたい魔法の機械のようですね。

他にも同じ原料だけ減容機で小さくして、他で必要としている業者に売却することにも利用されているようですよ。

減容機にも、メーカーから様々な大きさのものが出ていますので、もしも興味を持たれたならば調べてみてはいかがでしょうか。
海外の製品も取り扱っているところがありましたので、世界共通の便利な機械なのでしょうね。

各地域にあれば、ゴミの収集も減るかもしれません。

容量を減らす為の機械が減容機

容量を減らす為の機械、それが減容機で、別名をコンパクターといいます。

資源ゴミである、プラスチックやペットボトル・発砲スチロールなどは、現代の日常生活のなかで、梱包資材等に使われ、相当な量が回収されてきます。 ですが、どれもかさばるものばかりで、保管場所にもこまります。

そこで、圧縮するか230~250度の高温で加熱して溶かす方法で1/10~1/15に減らすことで、保管スペースを確保できます。

このように適正に処理した後は、再生業者によっていろいろなプラスチック原料として生まれ変わります。

又、収集コストの削減につながり、経費の大幅削減になり、エコにつながります。 今では、多くのスーパーや自治体が活用しています。

減容機とは

減容機とは、RDF、RPFなどの固形燃料の原料となる一般可燃ごみ、紙、木屑、廃プラスチックを均一に粉砕、圧縮する機械です。廃棄物の容積を小さくできるため、回収や運搬にかかるコストを削減することができ、リサイクル事業に貢献することができます。

減容機に設置されたスクリューで粉砕し、正確な温度設定で均一な形状の再生燃料を作ることができます。メーカにもよりますが、減容時に発生する微臭を消臭する機能や騒音を軽減する防音機能がついています。また、より安全に使用するために、自動停止装置やトラブル表示なども備えています。

減容機の種類

減容機と言っても多くの種類があります。

発泡スチロールや廃プラスチックなどの為の、産業廃棄物の容量を減らす事を目的としたものもあれば、容器包装リサイクル法を元にした、ペットボトル等ののリサイクルを目的としたものもあります。

また、同じ容量を減らす目的であったとしても、対象とするものによって大きさや費用は千差万別です。

「産業廃棄物を減らし、廃棄コストや保管スペースの問題を解消したい」など、減容機を導入する目的を明確にし、目的にあったものを導入する事が、会社にとっても、環境にとっても、有益な活用方法となります。

製造業を支えている減容機

日本の工業技術はアジアをはじめとした海外への工場移転とともに、その技術力さえも流出してしまいました。そうした闇の歴史を抱えている一方で、日本国内で培った技術を守り抜いている企業があります。

たとえば、抵抗器と言えば、言葉になじみはないものの、あなたの生活の中で利用する電気回路が組み込まれているあらゆる電気製品のほとんどに組み込まれていると言ってもいいでしょう。

さらに、減容機のように直接生活には関わらずとも、廃棄物をいかに小さくするかという面で、製造業を支えている技術もあります。知らないところで、私たちの生活は技術に支えられているのですね。

そういった便利な機械や部品が数多くあり、世界中で使われています。

圧縮する減容機

減容機という名前は聞きなれませんが、リサイクルで出た資源ごみに圧縮などの処理をして、RPF固形燃料やRDF固形燃料といった固形原料に作りかえてくれたりします。家庭から出るプラゴミなども原料として使用されることもあるので、綺麗に洗って出しましょう。

世の中には、さまざまな働きをしている機械がありますが、減容機もその一つです。減容機を使って同じ要素の物を圧縮することによって、それを欲しいという業者にも売りやすくなります。

抵抗器は電気の流れを調整して、指示を適正に伝え作用してくれます。抵抗器の種類は何種類かあり、鉄道からスマートフォンまで幅広い範囲で利用されている部品です。

私たちの生活になくてはならない存在ではないでしょうか。学校では習いませんが、抵抗器のようなたくさんの部品が私たちの便利な生活を支えてくれています。

意外なところではテレビでも使われていますので、部品についてお子様の自由研究などの題材として調べてみても楽しいのではないでしょうか。

海外WEBマーケティング、マイクロスコープ、スクラバーについて興味のある方はこちらを見てください。

海外WEBマーケティング、マイクロスコープ、スクラバーの記事以外のお問い合わせはこちら

ページトップ