• ホーム
  • サイト案内
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
製造WEB RPFとRDFの違いや耐摩耗の破砕機刃物・減容機のご案内

ランニングコストも考えたいスクラバー

これからスクラバーを自社工場内に配置したいと考えているのであれば、導入する際のイニシャルコストと、ずっと使用を続ける際に必要になるランニングコストも必要になってきます。スクラバーを選ぶ際にはランニングコストの事についても考慮して決めたいですね。

スクラバーを配置するなら、カートリッジを交換しないといけませんので、その頻度にも注目したいですね。スクラバーにはたくさんの種類があります。そのため、業種によっても選ぶべきスクラバーというのは限られてくる事もあります。

適している物を選択しないと、思う様に脱臭する事ができない場合もあります。資料を確認したり、会社に問い合わせるなどして、詳細を調べましょう。

トルネードスクラバーでのファンの小型化

省エネ型の湿式スクラバーとして、トルネードスクラバーがあります。無充填方式になっており、メンテナンスもしやすくなっています。トルネードスクラバーの構造としては、洗浄塔内で小さな竜巻を発生させ、洗浄液との接触時間を長くします。

その為、充填方式と同程度の洗浄効果が得られることになります。そして、機内圧力の損失が、充填方式に比べて約半分に低下し、ファンの動力の小型化を実現できました。このことで、ランニングコストの大幅な削減ができ、メンテナンス費用の削減とともに高いコストパフォーマンスの実現になると言えます。

手軽さも大事なスクラバー

どんなに費用を費やしてもスクラバーは、会社にとって大きな利益をもたらしてくれるという分けではありませんが、やはり会社を運営し続けるために最低限スクラバーが必要になる事もあります。ですので、スクラバーに対してどんな物が求められているのかという事について考えた場合に、まず手軽さが大事だと考えられます。

スクラバーというのは、ただ設置して電源をオンにするばかりではなくて、お手入れをしないといけません。時には仕事を中断してスクラバーのお手入れをしないといけない事もありますので、そのお手入れは頻度が少なく、また手軽である事に越した事はありません。非常に高度な物が求められます。

スクラバーと呼ばれているシステムの種類について

化学工場などで燃焼などを加工の工程でおこなう時には、排出される排気ガスとして、有毒ガスや二酸化炭素を排出してしまう事があります。そのようなケースが大気汚染の原因になってしまい、今までに数々の公害問題に発展してしまった事があります。スクラバーは、このように有害ガスにおける大気汚染の防止装置として、現在では工場などで欠かせないものになっています。

また、スクラバーは別名で洗浄塔システムと呼ばれたりもして、その方法にはいくつか種類があります。最も多いのが湿式洗浄塔のタイプで、ガスや空気の中から汚染の物質を取り除くことを得意としています。

今の時代にはスクラバーが必要不可欠

大気汚染を少しでも防ぐためには、専用の装置を取り入れることも大切です。装置を使わないと、汚染された空気がどんどん出されてしまい、その一体の大気は悪くなってしまいます。自然環境を守るために、現在はスクラバーを使っている工場が多くなっています。これは汚染で影響が出る成分を吸収して、排ガスを洗浄する装置を使って綺麗にしています。

綺麗にしてから放出することで、大気汚染に影響の出るものは発生されず、空気が汚れてしまうことを防いでいます。現在は導入して、少しでも汚れが出ないようにすることと、スクラバー自体の性能向上が図られています。

スクラバーの仕組みについて

臭いなどの問題において重要な役割を果たすスクラバーについては、どのような仕組みで役割を果たしているかが、イマイチ分かりにくいと言う人もいます。

万が一、設置を検討している場合には、その仕組みや役割については知っていかなければなりません。スクラバーには多くの種類がありますので、基本的な仕組みについて理解し、お店に合わせた設置をする事が課題となってきます。

迷ってしまった際には営業の方が詳しく説明をしてくれるはずですので、話しをしっかりと聞いてからスクラバー設置に踏みきるような方法でも、十分に有効な選択が可能だと言えます。

スクラバーを扱うメーカーはこちら
株式会社アイエンス 大阪府大阪市西区江戸堀1丁目21-7 コーワ江戸堀ビル3F

スクラバーを海外へ輸出したい

スクラバーを海外へ輸出したいという場合には一体どのような手続きが必要なのでしょうか?まずは梱包です。機械はそのままでは飛行機に乗せることができません。(正確には乗せる事はできますが、壊れてしまう可能性が100パーセントです)梱包が完了したら、後は通関業者に依頼して輸出通関を切ってもらいます。

通関の際には設備品系ですと、この機械は武器に使われるようなものではないという証明書(該非判定書)が必要になりますので、発注する際に一緒に手配しておきましょう。こちらの書類は取得までに時間がかかるので、急ぎで手配を進めたい場合は事前に業者さんと打ち合わせしておいた方がいいです。

スクラバーに関連する記事

海外WEBマーケティング、マイクロスコープ、スクラバーについて興味のある方はこちらを見てください。

海外WEBマーケティング、マイクロスコープ、スクラバーの記事以外のお問い合わせはこちら

ページトップ