• ホーム
  • サイト案内
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
製造WEB RPFとRDFの違いや耐摩耗の破砕機刃物・減容機のご案内

TOP > スクラバー > いろんな臭気を除去してくれるスクラバー

  1. いろんな臭気を除去してくれるスクラバー
  2. メンテナンスがしやすいスクラバー
  3. 繊維工場で使用されるスクラバー
  4. 飲食店などのスクラバー設置について
  5. スクラバーを購入する予算
  6. 活用したいスクラバー
  7. スクラバー導入で環境向上

いろんな臭気を除去してくれるスクラバー

いろんな工場があり、そこで発生する臭気というのは様々です。たとえば、食品の臭気と化学物質の臭気というのは全く違うと思います。

スクラバーはこれらすべてに対応している必要があります。

時には臭気が大量に発生する事もあります。普段は内部の状態を見る事はないと思いますが、スクラバーはとても優秀と言えるでしょう。

スクラバーがないと、臭気の事で近隣の住人などとトラブルになってしまう事なども考えられます。

深刻になると、業務を継続できないなどという事も考えられますので、スクラバーは取り分けて目立つ事はないかもしれませんが、重要な役割を果たしています。

開業と同時にスクラバーを設置する会社もあります。

スクラバー循環水の処理方法には以下の5つがあります。

1.セットリングタンク浄化法

2.水処理装置併設方式

3.下水放流法式

4.産業廃棄方式

5.定量注水方式

用途に合わせてスクラバーの方式、規模を決定し、導入する必要があります。

メンテナンスがしやすいスクラバー

規模が小さい工場や飲食店などにおいても設置されている事が多いスクラバーは、何人もの人が作業を行ってメンテナンスしないといけないというのはかなり大変だと感じられる事でしょう。

そのため、スクラバーは、メンテナンスのしやすさが決め手となる事もあります。

優れているスクラバーであれば、メンテナンスを行う際に、一人でも十分に対応できる様です。空いた時間にさっとスクラバーのお手入れができるというのは便利でしょう。

スクラバーのカートリッジを交換する頻度などについて把握しておきましょう。

多くのメーカーが取り扱っている機械となりますので、比較した上で導入を決定する事もできるでしょう。

繊維工場で使用されるスクラバー

どの様な企業においてスクラバーが使われているのかという事ですが、繊維工場において活躍している事もあります。

繊維工場を稼働させていると臭気を発する事もあると考えられます。そのためスクラバーを取り入れる事によって臭気を空気中に放出する事なく、きれいにした状態で放出する事ができます。

スクラバーは他にもインクや塗料などを扱う企業でも多く利用されています。

工場となれば、かなりの臭気が排出されている事もありますが、スクラバーを設置する事によって、臭気に関連する悩みが一気に解決します。

時として臭気は健康に影響を与える事もあると考えられますので、スクラバーのニーズは高いでしょう。

飲食店などのスクラバー設置について

飲食店などのケースには、近くの人が顧客になる可能性が高いのにも関わらず、臭いなどの問題において苦情が発生してしまう可能性も抱えています。

そのような場合にはスクラバーをお店に設置することで、嫌な臭いに対してのトラブルが解決し、トラブルやクレームが解決する事があります。

臭いについてのトラブルやクレームは、どの飲食店においても抱えている問題と言えます。

スクラバーは大きなサイズ感だけではなく、小さいサイズ感のものもあり、お店の規模に合わせた設置も可能となりますので、一度検討してみてもいいかも知れません。

スクラバーを購入する予算

来期にはスクラバーを購入しようと考えている際に、購入の決め手になってくるのが費用です。予算がどれくらいかわからないと購入できるかどうかもわからないものです。

スクラバーには型式が何種類かり、型式によっても費用が大きく変わるのですが、基本の機械にどれくらい、何を自社仕様にするのかにもよって変わってきます。

通常の、基本となるような機械であれば百万円と予算としておけばそこまで差が出ることはないでしょう。

ただし、通常のスクラバーにさらに特殊に何か機能をつけたいと考えている場合には200万円ほどを予算としておいた方が無難でしょう。

活用したいスクラバー

気体中に含まれる微粒子や有害なガスを洗浄する装置のことをスクラバーといいます。

化学においての実験や分析、様々な製造工程に関する作業では、多くの有害ガスが発生する場合もあります。

気流をくぐらせるものや、圧力をかけるもの、洗浄液を細かいスプレーとして吹き付けるものなど、設置環境や目的に応じて様々なタイプのスクラバーが使い分けされています。

小型な装置のスクラバーも多く、設置場所にも困らないことから、より多くの企業団体などが採用するようになりました。

化学的な進歩が著しい現代社会において、幅広く活躍が見込める画期的な装置でもあります。

スクラバー導入で環境向上

工場での加工を行う際、人体や環境に悪影響を及ぼす物質が発生することもあります。これらを一カ所に吸い集めて綺麗な空気へと変換する機械がスクラバーです。

これがあることにより、快適な作業環境が保たれ、作業員や近隣住民に健康被害を及ぼすことなく、生産活動を行えます。

公害に伴う健康被害の中には、治療方法が見つかっていないものもあり、現在も公害病に苦しんでいる方がいます。

こうした悲劇を繰り返さないためにも、このような機械を導入することが重要です。

有害物質だけでなく煙や悪臭、空気中に含まれるほこりやちりにも対応することができます。

スクラバーを扱うメーカーはこちら
株式会社アイエンス 大阪府大阪市西区江戸堀1丁目21-7 コーワ江戸堀ビル3F

スクラバーに関連する記事

メニュー

製造WEBホーム スクラバー コストとスクラバー スクラバー メーカー 大阪の製造メーカー 酸性土壌の緑化 環境問題 酸性土壌 酸性土壌の緑化 大阪 減溶機 RPF

海外WEBマーケティング、マイクロスコープ、スクラバーについて興味のある方はこちらを見てください。

海外WEBマーケティング、マイクロスコープ、スクラバーの記事以外のお問い合わせはこちら

ページトップ