• ホーム
  • サイト案内
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
製造WEB RPFとRDFの違いや耐摩耗の破砕機刃物・減容機のご案内

バイオスクラバーにおける酸性土壌の緑化とは

環境汚染により、雨のそのものが酸性であるため、酸性土壌の緑化を行う上では、雨水の流出も防ぐことが大切です。せっかく土壌改良しても、雨が降るたび雨水が流れ込み再び酸性に逆戻りです。

現在、下水処理場でも利用されているバイオスクラバーをつかって、土壌改良する方法も取られています。これは、微生物の働きを利用したものですが、周期的に土に混ぜ込んで中和させるもので、定期的なメンテナンスが必要になりますから、酸性土壌の緑化によるコストがかかるかもしれません。

バイオスクラバーは自然の力をつかって、土壌改良させていきますから、酸性土壌の緑化をするための石灰を混ぜ込みすぎて、逆に植物が生育できないといった危険性がないため安全です。

酸性が強すぎる酸性土壌の緑化

日本では、一般的に酸性の土壌が多いです。酸性は良いのですが中には、酸性が強すぎる場所もあります。酸性が強すぎると植物が育たず、土壌むき出しになってしまう場所もあります。そのまま放置をしてしまうと、雨が降った場合に、土砂崩れなどにもつながり私たちの生活にも影響を及ぼす事となります。土砂崩れを防ぐ為に、酸性土壌の緑化をする必要があります。

植物を植えることにより、土壌内の水分を植物が吸収してくれますし、根を張る事で土砂崩れが起こりにくい、強い土壌を作る事が出来ます。日本全国で酸性土壌の緑化計画は、進んでおり多くの場所で、緑化工事が行われています。

酸性土壌の緑化の方法とは

一般的に言われているのは、植物の育成には弱酸性やアルカリ性での土壌が必要とされています。酸性だけの土壌では、植物の育成をする事が不可能とされています。この酸性土壌の緑化をしていく方法はいくつかあります。その中の一つにサンダーグリーン工法が挙げられます。

この方法は中和作用を持っているサンダーパウダーや、植物の成長をサポートする菌が含まれているサンダーbioを使用していく酸性土壌の緑化方法となります。土壌の状態により、一方だけを使用するケースもあります。サンダーパウダーは保水性や保肥性、持続性などに優れている中和剤とされています。その一方サンダーbioは、微生物を含んでいるため、微生物資材とされています。

酸性土壌の緑化の工法である法面緑化とは

法面緑化は、法面に植物を繁茂させることで、法面を保護するという工法です。酸性土壌を緑化へと導くために、植物を覆うことで雨水などによる、法面の浸食を防ぐとともに抑制することが出来ます。さらに周辺の自然環境に合した植物を植えることで、景観の保護にも繋がります。

法面緑化には、いろいろな工法があります。植物を法面に直接繁茂させる法面植栽工と構造物等で植物の生育環境を整備する緑化基礎工とがあります。法面が急斜面の場合は、両方共の工事をする場合がありますが、基本的にはどちらかの工事をすることにより、酸性土壌の緑化を図る事が出来ます。

必要不可欠な酸性土壌の緑化

植物を育てようとする際、重要なポイントとなる一つの事柄が土壌の性質です。植物の多くは弱酸性の土壌を好むとされており、土の酸度を調整することによって、育ち方などにも大きな違いが出る場合もあります。酸性土壌の緑化のための酸性改良材が使用されることで、土壌の質が変わり、植物が育ちやすい土壌環境が出来上がります。

また酸性土壌の緑化については、様々な技術の開発や進歩が見受けられるため、現代社会の生活における必要性や、あらゆる効果への影響に関しても議題に挙げられています。土壌の質を改善することで、植物や野菜をより多く、さらに質の良いものへと育てることも可能です。

酸性土壌の緑化から磯焼け対策、藻場再生については施工実績のある株式会社タイキへご相談ください。
大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1-2

酸性土壌の緑化で気を付けること

酸性土壌の緑化は最近ではかなり推進されており、そういった専門家の人たちだけでなく、個人個人でも気を配っている人も増えてきています。一番早い方法としては酸性である土壌をアルカリ性に近づけることなのですが、その際に石灰土などが使用されます。その時に気を付けていただきたいことがあります。

アルカリ性の性質が強いものは他の成分と混ざってしまうと発熱してしまうおそれがあります。そのため保管方法や使用方法はきちんと説明書を見た上で使うようにしましょう。使用した後そのあたりに放置しておいて、雨水に濡れて発熱した場合、近くに燃えやすいものがあると高熱により発火してしまうこともあるようです。

酸性土壌の緑化事業についての関連記事

海外WEBマーケティング、マイクロスコープ、スクラバーについて興味のある方はこちらを見てください。

海外WEBマーケティング、マイクロスコープ、スクラバーの記事以外のお問い合わせはこちら

ページトップ