• ホーム
  • サイト案内
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
製造WEB RPFとRDFの違いや耐摩耗の破砕機刃物・減容機のご案内

環境問題や事業アピールのための酸性土壌の緑化対策

あらゆる企業団体の事業アピールや環境問題対策として取り入れられている取り組みに、酸性土壌の緑化が挙げられます。日本の土壌は酸性の場所が多いとされており、植物があまり好まない環境である事も重要視されています。

酸性の土壌は、酸性改良マットや改良剤などの使用によって、アルカリ性の性質へと変えることが可能です。植物が育成されやすい環境を生み出す事によって、自然保護や二酸化炭素の削減などへの効果にも繋がります。また、新しい技術も開発されており、微生物を散布することによる働きなどを中心に、注目が高まっています。

知っておきたい酸性土壌の緑化

植物が育っていない場所などへ対して環境の配慮をしようとした場合、酸性土壌の緑化が方法として挙げられます。木や植物が生い茂ることによって、動物が生存できるようになったり、山の土砂崩れも防ぐことができます。

また環境問題における大きな要素となる、二酸化炭素の削減にも繋げることが可能となります。

一般的に弱酸性からアルカリ性の土壌で育つとされている植物は、酸性の土壌環境ではなかなか育成することができません。方法の一つにサンダーグリーン工法という手段があり、中和作用のあるサンダーパウダーなどが使用されます。

酸性土壌の緑化と問題点

土地が酸性に変化してしまう原因は、日本ならではの雨が多い気候の中で、土の中の石灰や苦土、カリなどの成分が減少する事が挙げられます。酸性化された土壌では、微生物の活動が低下して有機物の分解力が弱くなり、養分が欠乏しやすくなってしまうことから、植物が育ちにくい環境でもあります。

自然保護や育成を目的とした環境問題への対策などにも関連するため、様々な企業団体や自治体などによって、酸性土壌の緑化に対する取り組みが行われています。

長期的な計画が必要となるものの、酸性改良剤の使用や微生物散布などによって効果が期待できます。

酸性土壌の緑化を進める

酸性土壌という言葉を聞いたことがありますか?

これは酸性の強い土地のことを指す言葉で、実は日本の土壌のほとんどは酸性土壌なのです。こういった土壌だとどういった弊害があるのかというと、酸性が強すぎて植物が育ちにくいといったデメリットがあります。植物が育ちにくいという事は、現在生えている木はどんどん年をとっていくが、新しい木が中々生えないということになります。

こういった土地でも新しい木が生えるように、改善していこうということで「酸性土壌の緑化」が日本のいたる所で現在頻繁に行われています。沢山の企業が工夫を凝らして新しい方法にチャレンジしています。

酸性土壌の緑化を進めるために

土壌の酸性化は雨や雪、公害などの影響が大きいと言われていますが、そういった要因だけでなく、実はシカやクマなど木々を食料にしている動物による影響もあります。特に現在全国でシカの急増が問題になっており、どんどん植物が食べられています。

そういった被害から守ることも酸性土壌の緑化に繋がっていくのです。例えばシカが畑や植林後の土地に入ることがないように柵を作ったり、木の根っこの周りに囲いを作って食べられないようにしたりということが進められています。普段シカなどを見る機会も中々ありませんが、山登りなどをしているとまれに柵があり、「シカを入れないようにしてください」と注意書きされている所を見ることがあるかもしれません。

酸性土壌の緑化の難しい所

日本の国土の8割以上が酸性土壌と言われており、現在では少しでも中性の土壌を作成しようと沢山の団体が頑張っています。

しかし簡単に酸性土壌の緑化といってもそれほど簡単なことではありません。よく新しい木を植えて中和させるという取り組みを耳にしますが、木を植えるにも様々な手間がかかりますし、なんといっても木は花のように植えたら半年後などに完全に成長する訳ではありません。木が成長するには何十年以上の月日が必要になってきます。

効果が見込めるまで数年、長ければ数十年以上必要という所が酸性土壌の緑化の難しい所です。

酸性土壌の緑化事業についての関連記事

海外WEBマーケティング、マイクロスコープ、スクラバーについて興味のある方はこちらを見てください。

海外WEBマーケティング、マイクロスコープ、スクラバーの記事以外のお問い合わせはこちら

ページトップ