• ホーム
  • サイト案内
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
製造WEB RPFとRDFの違いや耐摩耗の破砕機刃物・減容機のご案内

破砕機刃物は耐摩耗性にしよう

破砕機は紙類などの柔らかい物だけではなくプラスチックや木材、コンクリート、ガラス、アスファルト、金属などの硬い物を破砕することもあるため、対象物に合わせて刃物の材質が選択されています。

破砕機刃物は特殊鋼が用いられており、歯車や軸受けのように部品が接触しながら破砕するので、摩耗によって機能が低下することがあります。ですから、破砕機刃物を使用する企業では、破壊や精度の低下を防ぐためにもできるだけ耐摩耗性の破砕機刃物を使用するようにしているようです。

2つの接触する部品や、部品と破砕する物がぶつかり合うことによって傷ついたり、すり減ったりしますが、そのことを摩耗といい、それに強い性能のことを耐摩耗といいます。しかし、いくら耐摩耗に優れているとはいえ、点検は行わないといけません。

日本の企業は優秀ですので、そういったことで工場が止まるということがないように思えます。

破砕機刃物とは

破砕機刃物とは、木材、古紙、廃プラなどの廃棄物を細かくしたり、砕いたりするものです。

そのカッターや、ビットは、処理したいものに合わせて選ぶことができるほど、種類があります。

一つ目は、自走式、移動式の破砕機のカッタービットです。
二つ目は、超硬チップ付きカッタービット、ハンマービットです。
三つ目は、特殊銅製カッター、チッパーなどです。

これらは、金属混入がない廃棄物にオススメとなっています。

また、超硬付きの製品は、耐摩耗性が高くて長寿命です。
高いと思われがちですが、安くコストを押さえたいと思っている人でも満足出来るような価格になっています。

破砕機刃物の用途は多くあります

破砕機刃物は破砕機の先端に取り付けて使用します。

破砕機刃物の用途は廃棄物の処理やリサイクルできる物の破砕に使われます。

どのような物を破砕するのかと言いますと、主な物は産業廃棄物です。コンクリート、プラスチック、ゴム、木材など、色々な物があります。

プラスチックのようにリサイクルされる物もあれば、コンクリートなどのように破砕後埋め立てされる物などがあります。

破砕機刃物は破砕する物によって使い分けられます。また破砕機の種類によって刃の形状も違います。

破砕する物に適した刃が選ばれます。用途に適した刃を選ばないと耐久性がなくなります。

再利用する際に破砕機刃物

産業廃棄物などの処理物を細かく破砕して再利用する際に破砕機刃物が必要になりますが、プラスチックや木材、金属、紙など破砕する物質によって破砕機刃物を使い分ける必要があります。

柔らかいものや硬いものを同じ破砕機刃物で破砕すると故障の原因となります。

破砕機刃物を専門に扱っている業者はたくさんありますのでインターネットで検索すると条件に合ったものが探しやすくなると思います。

効率的に仕事を行うためにも、条件にぴったりあった破砕機刃物を使うようにしましょう。

肉盛り加工する工業用破砕機刃物

廃棄物には、古紙やプラスティックなどがあり、その種類にあった耐摩耗の工業用破砕機刃物をつかって、処理をしています。金属をふくまないものでしたら、耐摩耗刃物を長く使うことができるでしょう。

耐摩耗とは、摩擦に耐え部品がすり減りにくい性質のことをいいます。

もし、長年使っていて一部だけがすり減ってしまった場合、肉盛り加工することによってまた部品を長く使うことができますので、新しく買い替えなくても使い続けることができます。

しかし、耐摩耗とはいえ工業用破砕機刃物は、使用しているとすり減ったりすることがありますので、定期的な検査が必要となります。

求められる破砕機刃物の特徴

破砕機は主にゴミ処理場などで活躍しており、ゴミを砕く為に用いられています。

この破砕機刃物をゴミ処理場で使用する場合、2つの特徴が求められます。可燃物やプラスチックなどの様な比較的柔らかく、燃料として再加工する物の場合には細かく裁断する必要があるので破砕機刃物には硬さが求められます。

更に可燃物やプラスチックのゴミの中には金属や瀬戸物など、極めて硬い物の混入があります。これを破砕機に投入した場合、硬さだけにこだわった破砕機刃物は衝撃に弱い為に刃が折れてしまいます。そこでもう一つ必要な特徴として耐衝撃、金属の粘りの強さが求められます。

硬度と粘りの強さは材質としては矛盾する特徴ですが、最近の技術ではその様な特性を持つ刃物が作られているのです。


海外WEBマーケティング、マイクロスコープ、スクラバーについて興味のある方はこちらを見てください。

海外WEBマーケティング、マイクロスコープ、スクラバーの記事以外のお問い合わせはこちら

ページトップ